どのようなときに使えば株主優待券はお得になるのか

- どのようなときに使えば株主優待券はお得になるのか

どのようなときに使えば株主優待券はお得になるのか

航空会社もあの手この手でお客さんを確保していますが、株主優待券はどういったシーンで使えばお得に使うことができるのでしょうか。
使い方によっては早割等の割引設定の方が安くなってしまうこともあるので、間違った使い方にならないように株主優待券を使いたいですね。

手に入れる方法

まず株主ではない人が株主優待のチケットを手に入れる方法ですが株主以外の人は金券ショップ、インターネットオークションやメルカリ等がいいかもしれません。
それ以外には、旅行代理店が買い占めているケースもありますので、旅行代理店経由で購入するという方法もあります。
誰でもお得に使うことは可能ですので、入手方法もいろいろとありますから自分にあった入手方法で手に入れましょう。

割引が使えない時期がお得

どのタイミングで使ってもお得かもしれませんが場合によっては、割引運賃が設定されている場合には割引運賃設定で利用したほうがお得になることが多いでしょう。
ですから、きちんと使うタイミングを見た上で使わなければ、最大限お得に活用して利用することができないのです。
早割等各社購入するタイミングによって割引の適応になるケースが増えています。
決められた期間に購入しなければいけませんから、突然飛行機に乗る必要がある、乗りたくなった場合にはこれは割引対象外になることも多いでしょう。
そのようなシーンで活用できるのが優待券です。
優待券を使えば、いつでもお得にあなたのタイミングでチケットを手に入れることができるからです。
突然思い立って旅行に行きたい、突然里帰りすることになった、出張で突然飛行機に乗る必要が出てきた場合でもとてもリーズナブルに、とてもお得にチケットを手に入れることができます。
タイミングによって、やはり損をしてしまうこともありますので、きちんと株主優待券の特徴について理解してお得なタイミングで利用することができているのかどうかは確かめた上で購入して、利用していきたいですね。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017早割と株主優待券はどっちがお得?株主優待を使った割引制度についてAll Rights Reserved.