株主優待券の特徴について

- 株主優待券の特徴について

株主優待券の特徴について

航空会社の株主優待券はかなり魅力がある券で、飛行機にこれから乗ろうと思っている人は、時期を考えなくても、搭乗時間を考えなくても誰でもお得に飛行機に乗ることができるので、搭乗時間に1日を振り回されることがありません。

自由度が高い

早割など格安になるチケットは各社が発売しているのですが、こういった航空会社が用意しているチケットはかなり自由度が低いです。
一度予約をいれるとキャンセルにはお金が掛かるとか、変更したいと思ったら変更にもお金がかかるといったように、一度予約を入れるとその予定を変更したりするには手数料が掛かってしまいます。
その点株主優待は自由度がとても高いです。
なぜならキャンセルも、変更をするにも手数料が必要がないからです。
ですから予約を入れて突然キャンセルをしたとしても、予定を変更したいと思ったとしても自由にお金を払わずに利用することができるのです。

予約はいつから?

予約は2ヶ月前から入れることができます。
ギリギリの予約期限は購入は予約の日を含めて3日以内となっています。
予約の期限は登場日当日です。
予約変更は先ほども言いましたが変更は可能です。
早割などの格安なチケットと比べるとキャンセル料金もとられませんし、路線ごとに分けられているという特徴があります。
航空券の有効期間については、発売日の次の日から考えて90日間有効です。
前もってファーストクラスの予約もできるので、快適な空の旅を、とてもリーズナブルな価格で手に入れることができるのです。
普通運賃の場合はだいたい半額になり、ファーストクラスの場合は40パーセントオフの値段で手に入れることができます。
普通運賃で格安に乗ってもいいですし、普段ファーストクラスなど乗ることができない人は、ファーストクラスにチャレンジしてみるというのもいいかもしれません。
ファーストクラスであっても格安に手に入れることができるのです。
株主優待券の特徴は株主以外でも利用できる点も特徴でしょう。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017早割と株主優待券はどっちがお得?株主優待を使った割引制度についてAll Rights Reserved.